職業奉仕委員会                委員長  中  哲生


  地区研修・協議会に参加し、お話を聞きました。「職業奉仕」という言葉は辞書にも広辞苑
  にも載っていない、ロータリークラブだけで通用するロータリー用語であるにもかかわらず
  ほとんどのロータリアンは「職業奉仕」について説明ができない。明確な目的が分かりにく
  いという意見が多くあります。
  「職業奉仕」はロータリーの基本理念であり、クラブ会員にとって最も基本的で重要な奉仕
  活動です。
  日々の仕事を通じて世の中に貢献するために奉仕の心を育て向上させることです。
  では、何をどうするか?
  それは“四つのテスト”
  1.真実かどうか
  2.みんなに公平か
  3.好意と友情を深めるか
  4.みんなのためになるかどうか
  この考えを基に例会に参加し、各会員が自分の職業について話し、互いの職業について学ぶ
  事で職業奉仕を実践するための前提になるのではないかと思います。


  <2018年10月9日 職場例会〔高松地方裁判所丸亀支部〕>
  

丸亀東RCの概要MENU